GT-R(R35) 2017 購入するなら飛び石被害に注意!!プロテクションフィルム施工で完全防御!!(愛知県・岐阜県・名古屋)

Pocket

GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム

GT-R(R35)にプロテクションフィルムの施工をさせていただきました 😛

スポンサーリンク

GT-R(R35) 2017モデルにプロテクションフィルム施工のご依頼

前回のブログでボンネットの塗装修理をさせていただきましたGT-R(R35)に傷がつかないようにプロテクションフィルムも施工させていただきました。

前回のブログ(GT-R(R35) 2017 購入時人気カラーの落とし穴?)でもお伝えした通り、GT-R(R35) 2017モデルには、特殊カラーがあり、再補修するのがかなり難しい(補修できないかも?)です。

GT-R(R35) 2017 購入時人気カラーの落とし穴?【動画あり】

早く走るスポーツカーで傷が付かない塗装があれば良いのですが、そのような塗装があるわけもなく…

今回のGT-R(R35)オーナー様も走り出しで、直ぐにボンネットに傷がついてしまったということで、これ以上の被害にあわないためにプロテクションフィルム施工をご依頼頂きました。

GT-R(R35) 2017モデルにプロテクションフィルム施工

プロテクションフィルムって何?という方は、こちらを

当社HP

ペイントプロテクションフィルムの施工なら愛知(名古屋・岐阜近郊)のRealPolish☆Mizzへ

プロテクションフィルム ブログ

プロテクションフィルム施工で飛び石傷防止 (愛知県・岐阜県・三重県・名古屋)

ブログタイトルには「完全防御!!」と書いてしまいましたが、実際にはプロテクションフィルムで完全防御は出来ません 😥 

防御するフィルムという特性上どうしてもある程度の厚みが必要になります。

厚いフィルムというのは、当然ながら追従性が悪くなります。

という事で、ボディの端部の急激なRには追従できない部分が出来てしまいますので、どうしても防御に隙ができてしまいます。

それでも主要な部分の保護は、ほぼ出来ますのでプロテクションフィルムの効果は絶大です!!

スポンサーリンク

GT-R(R35) 2017 モデルにプロテクションフィルム施工・貼り方

今回は、傷つきやすい箇所で一般的に採用されるフロントフルカバープロテクションフィルムです。

Mizzのプロテクションフィルム施工は、プレカット(型合わせされたカット済み品)が基本ですが、アフターカット(施工しながらカットしていく)も併用し、より美しくキレイにプロテクションフィルム施工できるようにしております。

ボンネット プロテクションフィルム施工

ボンネットのプロテクションフィルム施工は、面積が大きく透明なので非常に気を使います。

Mizzは、「仕上がり重視!!」ですので、ダクト部分も外して施工しております。
※部品を外すのが困難な場合は外しておりませんm(_ _)m
GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム

位置決めが出来ましたら、順番に水分を抜いていきます。
GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルムGT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム

ダクト部分が変なカットになっているの分かりますか?
GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム

通常のプロテクションフィルムのプレカット(型合わせされたカット済み品)は、部品を外さない設定になっています。

ということで、通常のプロテクションフィルム施工の場合、ダクトの外側にプロテクションフィルムのカットラインがくるので、

今回のシルバーのように淡いボディーカラーの場合、フィルム端面に汚れがついたりでカットラインが後々目立ってきます。

Mizzでは「仕上がり重視!!」ですから、プレカットせずアフターカットでカットラインがダクトの隠れる部分になるようにしております。

ただし、付属部品の元々の干渉具合によっては、フィルムが後でズレてしまうこともありますので、その際には適宜カットさせていただきます。

Mizzだけの情報量では限りがありますので、日本のトップインストーラーの方々と情報交流させていただき、アドバイスもいただいております。

いろいろな情報を元に、貼った感が出来るだけでない施工となるよう努力しております。

バンパー プロテクションフィルム施工

バンパーのプロテクションフィルム施工は、複雑な形状のためにプレカットを基本としております。

バンパーのような複雑な形状は、位置決めが難しくなります。
GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム

写真を忘れてしまいましたが、ガンメタのサイドリップ部分は一度途中まで貼りましたが、サイズが小さめで最下部の保護が不足しているようでしたので、

プレカットを基本にサイズアップして作り直し、最下部まで保護ができるように作り変え施工しております。
GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム

フロントフェンダー プロテクションフィルム施工

フロントフェンダーは、撮影するのを忘れてしまい完成後しかありませんが
GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム

こんな感じになっております。

ボンネットプロテクションフィルム施工で説明しましたカットラインが写真のような感じで、これがボンネットで出てしまうとやはり目立ちますね。

ミラー プロテクションフィルム施工

今回のプロテクションフィルムで一番悩んだのがミラーでした。

プレカットの形を参考に貼り付けてカットしました。
GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム

これくらいの距離であればあまり分かりませんが、途中にカットラインが入って分割になっています。

アップで見ると
GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルムGT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム

分割のラインが気になります…

Mizzの合わせ技術がまだまだ足りないこともありますが、カットラインが入るのは事実。

納車まで時間もありましたので…

剥がして再施工、完全ワンオフ

貼り直しがこちら
GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルムGT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム

ミラー前面のカットラインは、なく見た目にはいい感じになりました。
GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム

プレカット仕様の状態と比べるとパット見の見た目にはいい感じ
GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルムGT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム

ただ、元々分割だったということは、フィルム的にかなり無理があるということなので
GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルムGT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム

若干の不具合が出ております。

場合によってはプロテクションフィルムが完全に落ち着いた後日にカットさせていただきます。

GT-R(R35) 2017 モデルにプロテクションフィルム施工完成

GT-R(R35)のプロテクションフィルム施工完成です!!
GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルムGT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム

GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルムGT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム

フェンダーとバンパーのカットラインがこちら
GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム
若干の隙があるという意味がお分かりいただけますでしょうか?

修理させていただきましたボンネットも保護でございます。
GT-R(R35)2017モデル購入時の必須アイテムプロテクションフィルム

プロテクションフィルムのご依頼もお待ちしておりますm(_ _)m

 

Pocket

LINE@のお友達追加もよろしくお願いします!!
友だち追加
お気軽にお問い合わせください。

【関連記事】

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

スポンサーリンク