フォレスターのドア傷を磨く

Pocket

404メンテナンスさせていただいたフォレスターstiバージョンの傷磨きです。

ドアについた傷…磨いてどこまで消えるのか?

ドアについた傷を磨いてどこまで

磨きで消える傷消えないがあるのは当たり前ですが、どのような傷が消えるのか?

分かりやすく画像で
404405
スッキリと消えてくれました

これくらいの傷ですと消えても不思議ではないかと思いますが…

これくらいの傷も
407 406
消えませんでした

が、かなり目立たなくなりましたよね?

凹みまでは磨きでは当然ながら消せないのですが、傷はある程度まで消す事が出来ます。

今回、ペーパーがけは一切行っておりません、というのもこのような傷にペーパーを当ててしまうと凸部の塗装がすぐに剥げてしまいます。

ですので、効果的な磨きが出来ないと、このような処置ができません。

こういった処理が出来るので、ガラスコーティングの磨きをする時も、最小限研磨でボディーの傷を取る(目立たなくする)ことが出来るわけです

今回も傷は薄くなったとはいえ、残念ながら消えませんでした。

そんな時、さらに踏み込んで修理するのかしないのか?といった選択肢もあるかと思います。

私は、板金塗装にも長く携わっておりますので、傷が磨きで消えなかった場合に修理をするといった選択肢にも対応できます。

傷をどうしようか迷った時、ご相談下さい

LINE@のお友達追加もよろしくお願いします!!
友だち追加
お気軽にお問い合わせください。

【関連記事】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

スポンサーリンク