スペアタイヤに窒素充填

Pocket

p1 (4)

プリウスのスペアタイヤに窒素を充填させていただきました

スペアタイヤは普段目にしませんが重要です

スポンサーリンク

いざという時に使えなくては意味がありません

普段何もない時には、車検ごともしくは定期点検ごとにしか点検しないスペアタイヤ。
※最近はスペアタイヤの無い車も増えてきております

何もなければ1~2年そのまま眠ったままになります

新車の場合は、もしかしたら車検までの3年間スペアタイヤを見ない事もあるかもしれません。

タイヤの空気は、装着されているものでも少しずつ抜けていきます。

スペアタイヤは、通常のタイヤよりもかなり高い空気圧で入っております。

その為抜ける率としては、若干高くなるかと思います。

それでも、かなりの圧力がかかっておりますのでよほどの事が無い限り、空気は入っていると思います。

ただし、通常タイヤよりもかなり細いタイヤですので、やはり空気圧は適正であると安心です。

いざという時、空気が少なくては使えない事もあるかもしれませんので

そこで・・・
温度変化が少なく、抜けにくい窒素ガスをスペアタイヤに充填しておけばいざという時役に立つ可能性が高くなります。

転ばぬ先の・・

通常履いているタイヤにも窒素を充填しておけばさらに安心ですね

Pocket

LINE@のお友達追加もよろしくお願いします!!
友だち追加
お気軽にお問い合わせください。

【関連記事】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

スポンサーリンク